緑の調律日誌

園内の出来ごと

秋はもうすぐ終わり。冬はもうすぐ始まり。

2017/10/24

本日10月24日は、良く晴れて、北アルプスにしっかりと雪が積もっていました!!

1

先日の台風の雨が雪になり、白馬にしっかりと降り積もったようです。

2

この日の朝のエスカルプラザ。あたり一面雲の中。

3

朝は変化がとても早いです。先ほどから5分ほどで晴れたりします。

4

ゴンドラに乗っていると、雲の低いこと。
あの雲の中にエスカルプラザがあったのですが、見えないくらい濃い雲です!

5

ゴンドラももう少し進むと、周りの紅葉が見頃を迎えています!
今はゴンドラのちょうど中間くらいが紅葉のピークです!

7

こういう角度から見ると、ゴンドラは雲の下から来たんだなー、というのがわかります。

8

屋上にある大展望台から。向こうに見えるのは戸隠方面の山。雪をうっすらかぶっています。

9

展望大から北アルプス、植物園を見渡すとこんな感じ。

一番左には五竜岳、右の方には白馬岳。
北アルプスは真っ白です!

10

白馬三山のアップ。

写真右の方に見える小屋は、八方尾根山荘です。
八方尾根の最終リフトを降りたくらいから雪が積もっているのですね。

 

白馬もいよいよ冬がすぐそこに迫ってきました。

ゴンドラの営業は10月29日(日)まで。
白馬の秋も最終週。この季節ならではの景色をどうぞ!

紅葉みごろです!【10月1日の様子】

2017/10/01

植物園上部にある、アルプス平自然遊歩道の紅葉が見頃になりました!!!

(本記事に掲載した写真全て、2017年10月1日の撮影です!)

1

アルプス展望リフトを下りてすぐのところ。

五竜岳と、1本だけ立ったダケカンバが絵になる景色です。

2

五竜岳の荒々しい山肌と、手前の紅葉が良い感じです。

3

アルプス展望リフトを下りて、10分ほど歩くと地蔵のケルン。

ここからも最高の眺めです!

4

地蔵のケルンから見下ろすあたりも、紅葉が見頃です!

6

今日は日曜日。トレッキングを楽しまれる方が多くいらっしゃいました!

7

ドウダンツツジは街路樹でも植栽されますが、自生のものが鮮やかです!

8

湿原では草紅葉が特にキレイ!

9

木道のあたりは、樹木の背が低いので、紅葉に包まれている感じになります!

10

ちょっと見上げれば、光に透けたカエデが良い雰囲気です。

11

黒い水面の地蔵の沼。

晴天の日は、遠くに大黒岳が良く見えます!

12

植物園の方では、秋の花のリンドウや・・・

13

マツムシソウなどが見頃です!

14

白馬の山麓の紅葉はまだですが、稲刈りの真っ最中。

白馬は山も里も秋のど真ん中です。

秋の白馬五竜で、皆様をお待ちしております!

 

植物研究の大学合同セミナーが開催されました!

2017/09/04

9月になり、植物園も秋らしくなって来た頃ですが、
9月1日~3日と、大学の合同セミナーが白馬五竜高山植物園で開催されました!

1

東京大学、東京学芸大学、立教大学、岡崎統合バイオエンスセンターの皆様が合同で研究の成果発表をする合宿、ですね。

大学から来られた方は、修士課程、博士課程の方が多く、ニッポンの未来を背負う研究者の方々が集合しているのです!

2

まずは㈱五竜の駒谷会長より歓迎のご挨拶。

3

最初の発表は、東京大学の塚谷裕一教授による成果発表。

英語での発表です。気が引き締まります。

塚谷教授は、東京大学の小石川植物園の園長でもあり、植物をあらゆる面から解明しようとされている方です。

4

今回集まった研究者の皆様は、「植物の研究」の中でも、植物のメカニズム…内面に迫る研究ジャンルです。
発表は日本語ですが、発表スライドは全員が英語です。

5

今回来られた40人ほどの皆様、ほとんどが前に立って発表されます。

留学生の方もいらっしゃるようで、このような場合は当然英語での発表です。

6

違う大学の研究者からの質疑応答も交わされ、研究への理解がお互いに深まるようです。

7 8

それにしても植物の研究で、このような公式とは…。

植物の研究、とはいっても、様々なジャンルがあるのです…!

9

2泊3日の行程うち、最初の2日間は研究発表で室内でカンヅメですが…、
研究発表の合間のお昼休みには、エスカルプラザの目の前のエスカルガーデンで楽しい時間を過ごされていました!

10

普段は大学の講義棟などでセミナーを開催しているようですが、今回は合宿スタイルで白馬へ。

普段とは違う息抜きの場所にもなったようで、何よりでした。

11

そして、研究発表が終わったところで、エスカルプラザでのパーティー。

大変な発表が終わり、ほっとしているところでした!

…と思いきや、やはりお酒を飲みながらも、研究関連の立ち話も尽きないようです…!

12

最終日は高山植物園の見学。

ゴンドラに乗り、まずはアルプス大展望台へ行ったのですが、あいにく山は見えず…。

camera3_170903080002

↑ 8:00の様子。北アルプスが完璧に見えています!ライブカメラより。

camera3_170903093003

↑ 9:30の様子。山の天気は変わりやすいです。山は見えません…。

13

まずは広場の植物の案内から。皆様熱心に話を聞いて下さいます!

14

植物園の散策へ。ガスが最大に濃いところ…。

15

40人いる中で、なるべく違う大学になるようにリフトに乗っていただきました!

おそらくリフト乗車中も、研究のことなど話されているのでしょう…!

16

地蔵の頭で記念撮影。一番山の眺めが良いところですが、一面のガスでした…。

晴れたら最高の眺めなので、またお越し下さいませ!

17 18

地蔵の沼は今日も真っ黒。オタマジャクシとミズバショウの話題で盛り上がります。

19

普段なかなか見られない高山植物に、教授たちが岩にへばりついていました!

20

この屈強そうなお二人は山にも良く行かれるようです。

実はこの山頂で撮ったような写真は…

21

こんな感じで植物園の中のひとコマです。

周りがガスだったので、余計に本物の山のてっぺんのように見えるのです!

22

エスカルプラザのショップでは、おすすめの商品なども説明させていただきました!

新鮮な野菜、長野のお土産など好評でした!

23

普段とは違う場所での研究発表。植物園というフィールドの散策。

緊張感とリフレッシュの時間とが混在するような、そんな3日間でした!

このような一流の研究者の方々と植物園をより良くするような機会も作れたらと思います。

3日間、ありがとうございました!

 

トレイルライダーで植物園を散策!

2017/08/19

トレイルライダー。アウトドア用の一輪車です。
前後で支えるので、車イスより、安定性、走破性が高いのです。

白馬五竜高山植物園では、トレイルライダーを使用してのガイドを開催しています!

【ガイドの詳細、料金、時間等はこちらをどうぞ】
→http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/gondola/trail/

1

トレイルライダーに乗って、植物園の広場をスタート!

 

 

2

ガイドと一緒にリフトに乗って植物園の上部まで。
トレイルライダーも折りたたみ、リフトに載せるのです!

3

お花畑の中を散策したり・・・

4

こんな風に山の前を歩いたり・・・

5

高山のてっぺんにしか無いような高山植物の説明をさせていただいたり・・・

6

眺めの良い場所で山の説明をさせていただいたり・・・

7

およそ、こんな感じで植物園のガイドをさせていただきます。

山や植物に親しみたいけれど、なかなか出来なかった・・・。
そんな方は、このガイドを体感下さいませ!

 

 

 

 

8

白馬五竜高山植物園の特徴は、歩きやすいフラットな部分が多いところです。

9

全域ではありませんが、車椅子で散策できる部分もあります。

気軽に山と高山植物に親しむことが出来る、そんな植物園なのです。

7月15日~ 三連休始まりました!【青いケシ、コマクサ見ごろ!】

2017/07/15

皆さま、お待ちかねの3連休がやってきました!

この時期は、花もおすすめ、植物園もお客様で賑わう季節になります!

1

見ごろを迎えたヒマラヤの青いケシ!

2

ロックガーデンを散策しながら観察することが出来ます!

3

透き通るような青さが魅力的です!

4

ちょっと色の濃いものもあったり、ひとつひとつ違う顔をしています!

5

そして、コマクサの花も見ごろです!

6

よーく探すと、白いコマクサも見つけることが出来ます!

7

今日は山はうっすらとしか見えませんでしたが、過ごしやすく多くのお客様が来られました!

8

3連休イベント、高山植物をお茶にして飲んでみよう!

9

イブキジャコウソウのハーブティーと、ササのお茶を楽しんでいただきました!

10

植物園の最上部の湿原ではニッコウキスゲの見ごろです!

11

こちらは、中国の高山植物、ノモカリス・フォレスティー。

12

ヒメサユリです。日本のユリも綺麗さでは負けていません!

13

アヤメの花。日本らしい花です。

14

こちらは、アヤメの白花。

15

こちらはアヤメの高山種のヒオウギアヤメ。

16

そして、とても珍しいキリガミネヒオウギアヤメ。

ヒオウギアヤメよりも大型で色が濃く、花の形も違うようです。

17

こちらは、イリス・ブレアナ。中国のアヤメの一種です。

とても色が濃い個体で、遠目には黒っぽくも見えました。

18

6月に花が咲いていたチングルマはすっかりとタネになりました。

花だけでないタネなどを探すのも高山植物の楽しみです!

___________________________

7月も気がつけば折り返し!

今年は雪解けが遅かったので、いつもの7月とは少し違った雰囲気の花が見られるかもしれません!

毎日ごとに違う姿を見せる高山植物たち・・・。

ぜひ7月のうちに、一度はお越し下さいませ!

植物園の魅力を長野県内の高校の先生に伝えさせていただきました

2017/07/11

「中信地区校長会が主催する高等学校初任者研修」

というものがありまして、今年も白馬五竜が会場となりました。

長野県の中信エリア(白馬~松本~木曽)に赴任された新人の高校の先生が様々な企業や施設に趣いて研修を行っているのですが、そのうちの一つとなりました。

1

白馬五竜が、企業としてどう歩んできたか、目指しているものは何か、
まずは常務からの説明を。

2

そして今度は白馬の観光、村と企業との関係、植物園そのものの話などをさせいただきました。

3

座学が終わると今度は植物園まで!

山のこと、花のこと、それだけでなく、歩行や休憩など登山上の留意点やガイド役として普段心がけていることなどのタネ明かしをしながらアルプス平自然遊歩道を一周しました!

4

地蔵の沼がオタマジャクシだらけなのに驚きつつ・・・

5

まだ雪が残っていることに感動しつつ・・・

6

高山植物の女王コマクサの説明もさせていただきました!

 

 

7

植物園では、様々な高山植物の生態を垣間見ることができるのです!

8

午後は植物園の管理作業の実践です!

9

育てるべき植物を知るには、まずはいかに草取りをするか・・・
土に、草に触れてもらいつつ、植物を体感していただきました!

10

誰しも様々なことを経験し、考え、積み重ねてきた思いは人によってもちろん違います。

今回はその中で、私が植物園の業務や体験を通して得たこと、感じたことを、私なりの観点でお伝えすることに注力させていただきました。

この体験が長野県内各地の高校で活かしていただけたら大変嬉しいことです!

そして、皆様と植物を見て山に親しむことを共有出来た、そんな感覚でした!

また白馬五竜に学びに、遊びにお越し下さいませ!

白馬五竜高山植物園 開園しました!

2017/06/23

ようやく、白馬にも夏が訪れました!

白馬五竜高山植物園、6月17日(土)より開園しています!

DSC_4301

コマクサの花が見頃です!

写真は、ロックガーデンの山頂部分ですが、ここが一番雪解けが早く、コマクサの数も多いです。

コマクサの花、これからどんどんと増えてくる時期になります!

2

そして、ゴンドラを降りてすぐの広場では、シラネアオイの花が見ごろ!

背景にあるのは雪です。

今年は雪解けが遅く、雪山が残っていたり、雪解けすぐに咲く花が見られるのが特徴です!

DSC_4297

6月の植物園で、この花が見たい!と意外にリクエストが多いのが、ウルップソウ。

なかなか見ることの出来ない高山植物です!

まだ6月いっぱいまでは、見ることが出来そうです!

3

白いミズバショウの花も、アルプス平自然遊歩道では見ごろ!

雪が溶けるとすぐに咲いてくる花ですが、数日前までこの場所は雪だったので、新鮮な花が咲いています!

おそらく7月に入ってもミズバショウに会うことができるでしょう!

4

今年は梅雨に入っても、あまり雨が降らず・・・。

良い天気の日が多いです!

7月になると咲いてくるヒマラヤの青いケシの開花を待ちつつ、
6月にしか見られない植物が多く咲く、今の白馬五竜高山植物園。

皆様のお越しをお待ちしております!

高山植物園 【2016年10月30日】 終了しました!

2016/10/31

白馬五竜高山植物園の2016年の営業は、10月30日(日)をもって終了しました。

多くの方にお越しいただきまして、ありがとうございました!

1

写真は、10月31日の朝のゴンドラより。

ゲレンデも草刈りがされて、冬を待っています!

2

ゴンドラ上部の紅葉も、葉を落とした木が目立つものの、まだキレイでした!

3

ゲレンデ準備に向けて、伸びていた草花たちを刈り取りました。

北アルプスも良く見えて良い天気。

4

もう寒く、朝一番の植物は霜に覆われています。

5

この時期に雪が積もることもありますが、今年はまだ積もらず。
最初の雪はいつになるのでしょうか。

6

今日10月31日は閉園日でしたが、ゴンドラ整備作業の合間を縫って、
植物園ツアーの方たちが来られました。

7

まだ実や花を残す植物たちと、快晴の景色を楽しんでいただけたようです!

___________________________________

植物園はこれから長い冬の期間に入ります。

来年の開園は6月から・・・。

高山植物と、高山植物園を管理する植物園スタッフは、また春を楽しみに冬を迎えます。

今年も多くの植物の魅力に気がつき、
そして多くのお客様にお越しいただきました!

また来年もよろしくお願いいたします!

 

紅葉 見ごろ!【2016年10月14日】

2016/10/14

白馬五竜の紅葉が良い感じになりました!
(本記事の写真は全て2016年10月14日撮影です)

今はゴンドラ山頂の植物園の標高(1500~1600m)が見頃。
これから紅葉が山麓へ下がっていくでしょう!

1

ゴンドラ朝一番の雲海。

2

ブナの紅葉がきれい。

3

朝一番のアルプス大展望台。快晴!

4

一方、反対側は雲海です!

5

雲海を眺める植物園スタッフ。

6

戸隠~焼山方面。
白馬村は雲海に包まれています。
こういう時、山麓では一面のガスで見通しが悪いくらいです。

7

営業開始をして最初のゴンドラに乗ったお客様たちも展望台で景色を眺められていました。

8 植物園のあたりは紅葉と山が良く見えます!

9

広く写すとこんな感じ。
空が高いです!

10

白馬三山とブナの紅葉!

11

植物園のブナ林から見上げるブナの紅葉。
木漏れ日がまぶしいです。

12

アルプス展望リフトの終点から見た五竜岳。
真ん中下にあるダケカンバの木が良い雰囲気です。

13

地蔵のケルンからの眺めも良し!多くの方が紅葉散策を楽しまれていました。

14

朝のこの時間、東側の空はまだ雲が多いです。

15

ケルンから見る小遠見山方面。良い色に染まっています。

16

地蔵のケルン周りも鮮やかな色に染まっています。

17

地蔵の沼。青黒さがかっこいい。

遠くには北アルプスの大黒岳が見えます。

18

この周辺は目線の高さで紅葉が見えるのが良いのです。

19

湿原の紅葉はこんな感じ。

20

日本最大のアザミ「フジアザミ」。

紅葉の時期は花も少なくなるのですが、この花は見頃です!

21

ヒダカミセバヤの紅葉。

多肉質の植物ですが、紅葉も見事です!

22

リフトの冬に向けた準備始まっています!

紅葉が終わればスキー場へと変わります・・・。

一瞬の今の時期をお楽しみに!

紅葉は10月の終わりにゴンドラ周辺が色づくまで、見頃の時期続きます!

紅葉の状況です! 【2016年10月11日】

2016/10/11

白馬五竜も紅葉が始まってきました!

(写真は全て2016年10月11日撮影です)

dsc_4048

ゴンドラ周りは、こんな感じです。

標高によって紅葉の度合いが違いますが、ゴンドラ山頂駅手前が紅葉が進んでいます!

dsc_4051

植物園の広場のあたり。

向こうに見えるブナの木が紅葉の色付きを見せています。

dsc_4052

展望台から見る植物園。

山の上ほど色が付いてそうです!

dsc_4054

展望台から見る北アルプス。

今日は10時頃から山が良く見えるようになりました!

dsc_4058

植物園の草たちも色付きを見せています。

これからまだ10月中旬が一番の見頃を迎え、10月下旬にはゴンドラの周りも色付くことでしょう!