緑の調律日誌

開花情報

2019年10月3日、紅葉見ごろ始まりました!

2019/10/03

白馬もすっかり秋が深まり紅葉の季節になってきました!

2019年10月2日の植物園。北アルプスがよく見えました!
この場所の紅葉は、もう少しで見ごろですが・・・

 

アルプス平自然遊歩道まで行くと、紅葉がだいぶ進んできました!

例年より、ちょっと遅いかもしれません。これから見ごろです!

樹木によって紅葉の進み方は違うもので、サラサドウダンの真っ赤な紅葉が既に見られました!

湿原を見下ろす場所。すっかり色づいてきました。

これからもっと深まります!

こうして見ると、紅葉する木だけでなく、常緑の針葉樹やササなどがあるため、赤、黄、緑と色が混ざり、それがキレイに見えるのです!

10月3日現在、紅葉見ごろ始め。これからオススメの季節です!

__________________________________________

以下の写真は、参考に昨年2018年の写真です。

↑ 2018年10月6日

↑ 2018年10月6日

↑ 2018年10月6日

↑ 2018年10月6日

↑ 2018年10月6日

↑ 2018年10月6日

↑ 2018年10月22日

↑ 2018年10月22日

紅葉の期間はゴンドラの高低差があるため、一か月近く続きます。

紅葉散策にぜひお越しくださいませ!

9月、秋らしい花が増えました!

2019/09/06

9月になりました!

夏らしさも終わり、植物たちも秋の花へと移り変わっていきます!

マツムシソウ。まとまって咲くところはキレイです!

チョウにも人気の花なのです!

同じく秋らしい有名な花、リンドウもキレイですね!

タムラソウ。赤い花があちこちに咲いているのです。

この花も、結構チョウに人気で、キアゲハなどが寄ってきたりもします。

歩道にせり出すように、アルプス平自然遊歩道のあちこちで見られるのです!

昆虫ネタですが、アカエゾゼミを捕まえました。

なかなか採る機会のセミです。こんなのも居るのです。

ハクサンシャジン。釣鐘型の花がキレイです!

全体はこんな感じ。段になって花が次々に咲いてくるのですね。

稀に白花もあるのです!探してみて下さい!

イワショウブの花。アップで撮るとこんな感じ。

イワショウブの花、こんな感じであちこちに咲いています。

何となく秋らしさを感じさせてくれます!

オヤマボクチのつぼみ。このまま真ん中から開いていって花が咲くのです!

タテヤマウツボグサも花びらを地面に散らして、鮮やかでした。

この季節は、ウメバチソウがそこら中に咲くのです!

白い花が地面のあちこちに咲いています!

さらに近寄ると、こんな感じ。

つぼみもなかなかカワイイのです!

もうすぐ花が開きますね!

 気の早い木は紅葉が始まっていますが、本格的な紅葉は9月の終わりごろからです!

秋は植え替えの季節。この場所にあった青いケシは・・・

この場所に植え替えています。今までよりも密度を濃く、よりキレイに咲くように・・・

別の場所では、大規模な植え替え作戦を行っています!

毎年進化していく植物園。「変わったね」と気が付いていただけるお客様がいらっしゃると嬉しいものです!

ちなみに、コマクサの花も少しですが咲いていたりします!

紅葉前の秋の花の姿。色々な楽しみ方があります!

 

8月3日の花や植物園の様子!【シモツケソウのお花畑みごろ!】

2019/08/03

今朝、2019年8月3日の朝。久々に晴れました!

1

夏には、朝が良く晴れます!

早朝営業期間中に、朝イチを目指して乗ると、北アルプスが一望できる確率が非常に高くなります!

2

午前中から多くのお客様が来られ、花畑の散策を楽しまれます!

3

地蔵のケルン。山頂の爽やかな風を浴びながら、一休み。

4

ケルン周辺では、野生のコオニユリが咲いています!

5

こちらは、ハッポウタカネセンブリ。

足元を良く探すと、見つかるでしょう!

6

食虫植物、モウセンゴケ。

実は、かわいい花を咲かせるのです!

7

そして、植物園上部の、スキー場草地のシモツケソウが見頃を迎えました!

8

紫色のクガイソウと合わせて、高原らしい雰囲気を出してくれます!

9

シモツケソウ。ちらし寿司の乗ってるアレにそっくりですね。

10

作業用の道を、この時期は期間限定のシモツケソウ遊歩道として開けています。

ぜひ歩いてみて下さい!

11

高山植物園の方では、コマクサがまだまだ見頃。意外と花期が長い植物なのです。

12

結構おすすめなのが、高山に咲くタカネマツムシソウ。

草原に咲くマツムシソウは、お盆の後くらいに咲くのですが、こちらの「タカネ」マツムシソウは、夏の盛りに咲くのです!

13

植物園内のシモツケソウも綺麗に咲き、お花畑のようになっています!

14

植物園の広場前では、ニッコウキスゲの黄色い花もまだまだ咲いています!

15

夏の期間中は、自然系映像音楽作家いがりまさし氏による「お花畑ストリートライブ」が開催されています!

散策中に、優しい笛の音色が聴こえてくるのです!

16

いがり氏によるライブは、8月25日まで開催です!

D8E_9518

いがり氏の著書。植物写真家であり、図鑑も執筆され、音楽も作曲、演奏される、スゴイ人です。

D8E_9520

エスカルプラザには、いがり氏の映像ブースがあり、ゆっくりとした時間も過ごすことが出来ます!

夏本番!白馬五竜!

来るなら今です!お待ちしております!!

 

朝だけ晴れました【7月18日】ニッコウキスゲ見頃!

2019/07/19

今回のブログ記事の写真は、全て本日2019年7月18日に撮影したものです。

1

朝7時50分。久々に山が良く見えました!

2

しかし30分としないうちに雲がモクモク登り始め・・・

3

辺り一面、霧で真っ白に・・・。

4

ピンクの花はイブキジャコウソウ。絨毯のように花が咲いています!

5

高原の主役、ニッコウキスゲも見頃が始まりました!

6

咲きたての綺麗なタイミングですね!

7

アップで撮るのには、枯れた花が少ない今がオススメの季節です!

8

天気は霧ですが、それはそれで山肌を見ていると面白いのです。

9

ミヤマトキソウ。野生ランの仲間です。

10

こんな感じで見られます。

オススメは、地蔵の沼のそばの湿原と、アルプス展望リフトを降りてから下りだす道と、2ヶ所ですね。
今だけ見られる植物です!

11

植物園内で、一番大きい青いケシの株は、たぶんコレです。

12

植物園の広場にある、ちょっとオーラが違う株です。大きい!

13

何だか花の大半がアッチを向いているのですが・・・。

ヒマラヤの青いケシ、まだまだ見頃が続きますよ!

そして、青いケシだけではない植物園の花たちもどうぞ!

最近の様子です!【7月13?15日頃】

2019/07/16

梅雨の季節で、雨が降ることが多いですが、花は見ごろです!

1

今年も良く咲いてくれた青いケシたち!

2

まとまったところを写真に。鮮やかですね!

3

ヒオウギアヤメもまとまって咲き出してきました!

4

ブナ林の中では、ギンリョウソウの見ごろがもう少し続きそうです!

5

コマクサも最盛期!意外と花期が長い植物なので、まだまだ見ごろが続きます!

6

7月の3連休は、高山植物をお茶にするイベントも開催していました!

7

賑わった日はこんな感じ。

天気はまずまずだった3連休。しかし多くのお客様にお越しいただきました!

植物園の花たちの見ごろも、まだまだ続きますよ!

 

7月3日の花の写真たち

2019/07/03

今日は、大学の先生をご案内するタイミングがあり、やや早足で植物園を見回りました。

今日7月3日の植物園&自然遊歩道の花の写真たちです!

1

ギンリョウソウ。ブナ林を手入れしたらたくさん生えました!

2

アップで見ると、不思議な感じ。

3

ハッポウウスユキソウ。地蔵の頭に育つ、日本のエーデルワイスの仲間。

4

ツマトリソウ。小さな花ですが良く見るとかわいい。

5

コバイケイソウ。今年は花が少ない年ですが、ゲレンデに2つだけ咲いていました。

6

中国のアツモリソウ。植物園広場で咲いています!

7

ミヤマクワガタ。昆虫じゃないよ。

8

ノモカリス。ピンクのヒョウ柄です。

9

ヤマスカシユリ。栽培中のものが綺麗だったので、見てもらえる位置に置いてみました。

10

コマクサ。見ごろです!

11

ピンクの花がきれい。

12

けれど、白も良いものです!

13

ヒマラヤの青いケシも、どんどん咲いてきます!

14

丸くて大きな、グランディス。

15

花びらがヒラヒラの、ベトニキフォリア。

16

花だけじゃなく、こういうものも面白いと思う。

17時

花だけじゃなく、こういうものも面白いと思う、その2。

7月に入り、植物たちも賑やかになりました!

この時期の植物、ぜひお楽しみください!

コマクサの花、写真を撮るなら今がオススメです!

2019/06/25

今回の記事の写真は全て2019年6月25日に撮影したものです。

1

コマクサの花が見ごろを迎えました!

コマクサの花は、意外と花期が長いです。

それは、次々と咲いてくるからで、写真を見ても小さいつぼみが株元にあるのも見えるかと思います。

そして、コマクサの花をアップで撮るには、今がオススメの季節です!

今なら咲き終わった花がついていないので、新鮮な花だけを見ることが出来ます!

2

花をアップで。

傷ひとつ無い綺麗な状態ですね!

3

もうちょっとアップで。

朝一番だったので、花びらに水滴が乗っています。

4

仲良く並んだコマクサ。

ひとつひとつ、違う顔をしているのです!

5

こちらはつぼみ。

「駒草」の名前の通り、馬の顔に似ているのです!

6

こんな感じでどんどん咲いてきていますね!これからもっと咲いてきます!

7

ロックガーデンの山頂部分は一番雪解けが早かったので、密度が特に濃くなっています。

まだまだ開花が続きますよ!

8

コマクサの目線でしゃがんで撮ると背景が綺麗に写ったりします。

お気に入りのコマクサを見つけにお越しくださいませ!

2019年の青いケシの開花はいつ??

2019/06/20

Q.白馬五竜高山植物園の青いケシ、見頃はいつでしょうか?

A.早いものは6月末から開花、7月中旬が一番の見ごろでしょう!

1

上の写真は、2018年7月1日。良く咲いてくれました。

2

上の写真は、同じ場所の2019年6月18日。

雪山が見えます!お客様が多く来られる7月中旬にベストな開花を目指し、青いケシの開花を調整するのです。

そして、手前にモサモサ育った緑色の葉っぱは、6月下旬には咲くように調整した青いケシたちを植えました。

つまり、この場所では

?6月下旬に咲く青いケシ(開花調整)

?7月中旬前後に咲く青いケシ(雪解け調整)

と、2段構えで準備をしています!

これで、多くのお客様に長い期間で青いケシを見ていただけるようになるはずです!!

3

左のモサモサは、早く育てた青いケシ。

右の雪解けに見えてるモヤシは、育ち始めた青いケシ。

2つが同時に見えるのも不思議ですね。

半月もすれば違和感に気づかないくらいにはなるはずです。

4

それにしても、青いケシの新芽は強いもので、雪を割って育ちだすのです!

5

上の写真は、2018年7月1日。この場所も良く咲いてくれました!

6

上の写真は、2019年6月18日。

雪は見えませんが、こちらも雪解けを遅くし、青いケシの新芽が伸びてきているところです。

7

その一角にも同様に、6月下旬に咲くような株を配置してあります!

8

ちょっと(だいぶ)密度を濃く植えてみました。

咲きだせば、豪華に見えるはずです!

9

そして、

?開園直後に咲くように調整した青いケシ

も若干ながら見られるのです!

これで、?、?、?と6月15日の開園から8月までは青いケシが見られるのです!

ですが、一番キレイな状態の花は、7月中旬です。

青いケシを一番の目的にされる方は7月中旬にどうぞ!

10

こちらはヒマラヤエリアのロックガーデン。

この場所も同様に早く咲きそうな株を植栽しています!

11

青いケシが咲く場所には、過去の写真なども載せています。

もし、開花がまだでも、下見と思ってぜひ再度お越しください!

後ろにボケて写った大株は、大地に根付いた青いケシ。今年も良く咲いてくれるでしょう!

12

6月18日は、ゴンドラの下は曇り。写真の右側は山が見えません。

ですが、雲海を抜け、植物園では良く晴れていました!

13

同じ場所で左側を見ると、白馬三山が良く見え・・・

14

五竜岳も良く見えました!

ですが、朝九時前には山が見えなくなりました・・・。

晴天予報であっても、山を見る確率を上げるには、朝一番のゴンドラにご乗車下さい!

15

こちらは、シラネアオイ。

日本固有の植物で、雪解け間もなく花を咲かせる、青いケシに劣らない綺麗さを持つ山の植物です。

16

この写真、左側は花盛りですが、右側はつぼみ。

右側が雪解けを遅らせ開花をずらした結果です。

17

開花のスピードが速く、この状態でも2、3日で見頃を迎え、一週間もせずに花が終わってしまいます。

シラネアオイを見るには、6月下旬までにぜひお越しくださいませ!

18

今年の植物園も賑やかにしていきたいところです!

多くの皆様のお越しをお待ちしております!

開園前の様子と開花情報【2019年6月14日】

2019/06/14

白馬五竜高山植物園、2019年の開園日は6月15日(土)です!

開園が迫った、6月13日の準備期間の写真です。

1

この日は梅雨の気配はどこへやら。地蔵のケルンから北アルプスが完璧に見えました!

2

今年は残雪が多い年でしたが、5月にはみるみる溶けました。

それでも見える北アルプスは、まだまだ白く雪がかぶった様子が見えますね!

3

アルプス平自然遊歩道の湿原を見下ろす場所。

まだ雪が残っています!

4

地蔵の沼も変わらず黒い様子を見せてくれます。

向こうに見える山は、北アルプスの大黒岳。天気が良い日はここから山が見えるのです。

5

石畳の湿原。ここはミズバショウがこれから咲く場所もあるくらい雪が残っています。

6

ミズバショウ、6月下旬まで良さそうです。ぜひお越しください!

7

木道まで雪が残っていたので、安心して通れるよう雪を割ったりします。

自然のエリアであっても、植物園の開園前には、こういう作業を積み重ねていくのです!

8

タテヤマリンドウ。小さいけれど可愛い花。

アルプス平自然遊歩道のあちこちに紫色の花を咲かせてくれています!

9

こちらは、植物園エリアのコマクサ。

雪解けの早い場所からどんどん咲いてきています!

10

コマクサの最盛期は7月ですが、この時期は枯れた花がひとつも無いので、花のアップをこだわって撮りたい人にはオススメです!

11

ウルップソウもだいぶ咲いてきました。

こちらも開花が早い植物ですが、今年は残雪が多く雪を積み重ねることによる開花調節がうまく行ったので、これからピークを迎えてきます!

6月下旬にも花が見られそうです。珍しい高山植物であり、オススメです!

12

ブナ林のそばのシラネアオイ。ピンク色の大きな花を咲かせてくれます!

13

シラネアオイの白花(左)と、キヌガサソウ(右)。

並んで育つ姿はなかなか見られない珍しい光景です!

14

キヌガサソウ、野生動物に花を千切られていました・・・。多分サルの仕業です。

珍しく貴重な植物なのですが・・・自然を相手にしていると、こういうこともあります。

それでもまだ10輪近く花を咲かせているので、まだまだ見られます!

千切られた花は、押し花にしてみます。

15

手前に伸びている植物は、ヒマラヤの青いケシ。

向こうに雪山が見えているように、雪を盛って開花時期を調節しています。

早い場所は、6月の下旬から咲くものもありそうです。

本格的な開花は7月から。ぜひ見に来てください!

16

植物園の広場でも、これだけ雪が残っています!

立っているのは植物園のスタッフですが、彼らの身長からすると、雪山の高さは3メートルはありそうです。

いよいよ高山植物園がオープンします!

6月は雪解けのタイミングでしか見られない植物の姿がオススメの季節です。

この時期ならではの姿をお楽しみください!

五竜かたくり苑【満開宣言!】5月4日

2019/05/04

五竜かたくり苑、白馬で一番のカタクリ群生地ですが、満開になりました!!

1

もともとゲレンデだったという斜面は、カタクリの花でいっぱい。春いっぱい。

2

今日は暖かい日なので、朝九時頃から、しっかりと花が開いてくれました!

3

群生してますねー!

4

背景に残雪の山が入ると、白馬らしくなります!

5

白花のカタクリ。突然変異のもので、珍しいのです!

じっくり探せば見つかるかもしれません!ひとつひとつ花を覗いて探してみて下さい!

______________________________________________

 

7

こちらは、黄花カタクリ。エスカルプラザ前のエスカルガーデンに植栽してあります。

6

スキー場の雪が溶けると、ゲレンデに咲いてきます!春なのです。

9

北米原産の種類です。日本の紫色のカタクリとは、違った雰囲気が、また良いのです!

8

「幸せの黄色いカタクリ」後ろにある幸せの鐘も鳴らしてみて下さい!

____________________________________________

10

今日の白馬は、キレイな朝焼けでした!(AM 5:10)

撮影場所は、白沢峠(峰方峠)の国道406号線沿いです。
白馬の有名な観光スポット「大出の吊り橋」から鬼無里方面に向かう途中ですね。

雲海になっている場所は、白馬村―大町市の国道ですが、国道沿いは一面の霧(雲の中)でした。
つまり、白馬などのホテルの場所からは朝焼けの山は見えず・・・
標高を上げると、山が見えるのです。

11

五竜岳のアップ。エイブル白馬五竜のスキー場ゲレンデも良く見えます!

12

上の写真のスキー場部分を拡大してみると・・・

今年は雪がいっぱいあるなー、とか
コブ斜面ってボコボコしてるなー、とか、色々見えて面白いです。

13

「野平の一本桜」

北アルプスと桜が綺麗に合わさる、白馬村のよいところのひとつ。

カタクリは勿論のこと、春ならではの白馬の景色です!

14

田んぼの水も張り始めました。田植え前は鏡のように山が映り、綺麗です!

白馬の春、もう少し続きます!

明日か、明後日か、来年か、ぜひお越しくださいませ!