緑の調律日誌

【夏がもうすぐ終わる】8月17日の植物園

2018/08/17

写真は全て2018年8月17日撮影のものです!

今朝の気温は、13℃!寒い!(ゴンドラ山頂駅舎内)

1

それでも、一番寒い展望リフト終点では9℃だったそうで。

一気に秋が来ました!

2

朝一番のリフトに乗ると、こんな感じ。涼しいを通り越して、寒そう、いや、寒いです。

3

リフトに乗っていると見えるシシウドの大きな花たち。

4

リフトに乗っていると見える、オオウバユリの果実。

これから緑色の部分が茶色く割れて、無数のタネが飛び散るのです。

5

リフトに乗っていると見える、エゾアジサイ。

6

この花、花期が長いのです!7月から咲き始め、今でもキレイに咲いてくれています!

7

リフトを降りると、登山のお客様がたくさんいらっしゃいました。お気をつけて!

8

今日の我々の仕事は、アルプス平自然遊歩道の歩道の草刈り。

歩道に迫りくる草たちを刈り取り、歩きやすくします。

実は最近まで咲いていた花も多く、刈り取れなかったのですが、花も終わり刈り取れるようになりました(刈っても来年は良く咲いてくれます)。

9

タムラソウが花盛り!夏の終わりに増えて来るのです!

10

ハクサンシャジンも良く咲いてくれるようになりました!

11

湿原の夏の終わりの花、イワショウブのこれからどんどん咲いてきます!

12

オヤマリンドウ。リンドウの花は人気が高いのですが、これからが見ごろです!

13

あんまり開かない花で、もう少しだけ開いて開花になります!

14

草刈りをしながら歩いていると、晴れ間も見えてきました!

涼しいながら、晴れが見られる、それが夏の終わりのトレッキングの良いところ。

北アルプスのてっぺんは見えなかったのですが、白馬村は一望出来ました!

15

植物園の方では、カライトソウが満開です!

16

ワレモコウの仲間ですが、ネコジャラシのような赤い花が見どころです。

17

ニッコウキスゲの仲間のユウスゲ。

ニッコウキスゲは初夏に咲くのですが、ユウスゲはこれから咲いてくる花も多いでしょう!

18

コオニユリの花も増えてきました!

19

植物園の広場ではこんな感じでたくさん咲いてきてくれて、鮮やかな色どりです!

20

コマクサの花もまだまだ見頃です!

花期が6月中旬~8月、9月になっても咲いているものもあり、じつは植物園の主役にして、花期が一番長いのです。

21

この花も、右の花はタネが出来かけ、先端にはまだつぼみが見えます。

さすが高山植物の女王!まだまだ頑張ってくれています。

22

ヒマラヤの青いケシ。見頃は6月下旬~7月ですが、花期が遅れたものが花を見せてくれます。

ただ、この時期のものはキレイに花が開かない場合もあり、「見ごろです」とは言えないのですが、見つかればラッキー!そんな感じで探してみても良いかと思います。

____________________________________________

お盆の忙しさも過ぎ、山が静かになってきました。

しかし、これからは秋の花で賑わうでしょう!

残暑厳しい中、白馬五竜高山植物園へ是非足をお運びください!