緑の調律日誌

植物園の魅力を長野県内の高校の先生に伝えさせていただきました

2017/07/11

「中信地区校長会が主催する高等学校初任者研修」

というものがありまして、今年も白馬五竜が会場となりました。

長野県の中信エリア(白馬~松本~木曽)に赴任された新人の高校の先生が様々な企業や施設に趣いて研修を行っているのですが、そのうちの一つとなりました。

1

白馬五竜が、企業としてどう歩んできたか、目指しているものは何か、
まずは常務からの説明を。

2

そして今度は白馬の観光、村と企業との関係、植物園そのものの話などをさせいただきました。

3

座学が終わると今度は植物園まで!

山のこと、花のこと、それだけでなく、歩行や休憩など登山上の留意点やガイド役として普段心がけていることなどのタネ明かしをしながらアルプス平自然遊歩道を一周しました!

4

地蔵の沼がオタマジャクシだらけなのに驚きつつ・・・

5

まだ雪が残っていることに感動しつつ・・・

6

高山植物の女王コマクサの説明もさせていただきました!

 

 

7

植物園では、様々な高山植物の生態を垣間見ることができるのです!

8

午後は植物園の管理作業の実践です!

9

育てるべき植物を知るには、まずはいかに草取りをするか・・・
土に、草に触れてもらいつつ、植物を体感していただきました!

10

誰しも様々なことを経験し、考え、積み重ねてきた思いは人によってもちろん違います。

今回はその中で、私が植物園の業務や体験を通して得たこと、感じたことを、私なりの観点でお伝えすることに注力させていただきました。

この体験が長野県内各地の高校で活かしていただけたら大変嬉しいことです!

そして、皆様と植物を見て山に親しむことを共有出来た、そんな感覚でした!

また白馬五竜に学びに、遊びにお越し下さいませ!