緑の調律日誌

【紅葉見ごろです!】2018年10月6日の白馬五竜

2018/10/06

白馬五竜も秋真っ盛りです!

今回掲載の写真は、全て2018年10月6日に撮影した写真です。

1

ゴンドラから見える景色もだいぶ色づいて来ました!

紅葉は山の上から色づいてくるので、この場所が完全に紅葉に彩られるのは来週くらいでしょう!

それでも、今でも十分キレイです!

2

植物園から見える景色はこんな感じ。

真ん中の山は五竜岳。北アルプスが良く見えます!

ただ、リフトのワイヤーが写真に入ってしまうので・・・リフトに乗って山頂まで行きましょう!

3

リフトに乗ってる時点で既に絶景が広がります!

4

リフトから降りた展望の良い場所はこんな感じ。紅葉がキレイですねー!

5

同じ場所で、少しズームしてみると・・・

どこかの山奥で、山岳写真家が撮ったような写真が撮れたりします!

6

山が見えると、山頂を撮りたくなりますが、ちょっと我慢して山肌を撮ると・・・それはそれで素敵!

よくよく考えると、山が見えない場所で撮る紅葉は、だいたいこんな感じですものね!

7

リフトを降りて少し上がると、地蔵のケルンに到着します。

ブナ林の紅葉と、北アルプスが良く見えるのです!

8

リフトを降りて10分の地蔵のケルン。山頂気分はバッチリです!

9

この道を歩くと、絶景に続いている・・・!

10

左側に多い、幹が白い木はダケカンバ。

ダケカンバは、漢字で書くと「岳樺」。

シラカバの仲間ですが、「岳」だけに、シラカバよりも標高が上がると多くなる木です!

11

同じ場所で更にズーム!

さっきと、木々の色が違います。

この場所は、上の写真の左側の森より、急斜面なのです。

ということで、背の高い木が育ちづらく、背の低い木が多く、赤や緑が多くなるのですね!

12

地蔵のケルンを反対側から見ると、こんな感じ。

この場所で特に多い木は、ミヤマナラ(高山のドングリ)、野生のドウダンツツジなどです。

背の低い木が多く、目線の高さで紅葉を楽しめるのです!

13

更に自然遊歩道を進むと、湿原が現れます!

草もみじと木々の紅葉、鮮やかな季節です!

14

真っ赤なカエデが空の青さに際立ちます!

15

こちらは地蔵の沼。真っ黒な沼で、水面に景色が映りこみます!

16

紅葉の湿原の散歩道、歩くのに最高の季節です!

17

こちらは植物園エリアにある、ロックガーデンの山頂部分。

このあたりの紅葉も鮮やかになりました!

18

有名な高山植物チングルマ。綿毛と紅葉が鮮やか!

19

クロマメノキ。日本の野生の植物でブルーベリーに近い仲間です!

味もおいしく、紅葉もキレイという植物です!

20

高山植物の低木、ウラシマツツジ。原色の赤です!

21

同じく珍しい高山の低木、チョウノスケソウも彩ります!

22

何と、コマクサの花が咲いています!

見ごろは6月中旬からですが、意外としぶとく、10月でも自然に咲いてくるものがあるのです!

23

そして、なんとヒマラヤの青いケシも咲いていました!

こちらは、6月下旬~8月上旬が見頃ですが、実はタネから育てているものに、遅れて咲いてくるものが稀にあるのですね。

23a

こちらはコマクサの最盛期の写真。

23b

青いケシの最盛期はこんな感じです。

コマクサ、青いケシを見に来られるのでしたら、7月がオススメです。

ですが、6月、7月、8月、9月と、見頃の花が全然違い、そして今の10月は紅葉が見頃。

白馬五竜高山植物園は、一度来るだけではその全貌は分からないのです・・・!!

いずれにせよ、紅葉は今がピーク!

まだ間に合います!お待ちしております!!!